自動運転のレベルって?0~5まで解説!

管理人
管理人

こんにちは!
ノマド生活を目指しているリーマンたっつーです。

管理人
管理人

今回は、今話題の自動運転についてご説明したいと思います。

自動運転の定義とは?

自動運転にいだく印象は?

30代 男性
30代 男性

目的地まで自動で連れて行ってくれる

20代 女性
20代 女性

かっこいい!

50代 男性
50代 男性

運転免許証がなくても車が使える

様々な印象(イメージ)をされている方がいらっしゃると思いますが、実は自動運転についてはレベル0〜6までの6レベルで定義されています。

自動運転の定義

アメリカのSAE International(SAE InternationalはSociety of Automotive Engineers)という非営利団体が策定した自動運転の定義を日本でも適用しています。

定義を適用しているだけど、道交法などは日本のものですので公道で運転する場合などは日本のルールに従います。

実現されているレベル

今現在は、実はレベル3までの自動運転車がすでに実現されています。これからレベル毎の説明を記載しますが、それぞれの時代を意識して読まれるとよくわかると思います。

レベル0:手動運転(過去)
 〜
レベル3:運転支援(今段階で実現されている車
 〜
レベル6:自動運転(未来)

自動運転のレベル0〜5までの概要と特徴

それでは、それぞれのレベルの特徴を説明いたします。

レベル0:ドライバーがすべてを操作

すべての運転を人間が行います、現在では普通の運転方式になりますね。

レベル1:【運転支援】システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート

システムが
・車線の逸脱を検知するとステアリングを補正、
・先行車との距離を一定に保つために自動でスピード調整をするACC
など、ステアリング補正やスピード調整のどちらかをサポートし、ドライバーがもう一方をコントロールする技術を備えたクルマを指します。

レベル1は「運転支援技術」と呼ばれ、「自動運転」とは呼びません。






レベル2:【運転支援】システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート

システムが
・車線の逸脱を検知するとステアリングを補正、
・先行車との距離を一定に保つために自動でスピード調整をするACC
など、ステアリング補正やスピード調整のどちらもサポートする技術を備えたクルマを指します。

レベル1と同様にレベル2も「運転支援技術」と呼ばれ、正確には「自動運転」とは呼びません。しかし、現在レベル2も便宜上「自動運転レベル2」と呼ばれていることがあります。

TESLA社のモデルSをはじめ、多くのメーカーの新車に搭載されています。


レベル3:【自動運転】特定の場所でシステムが全てを操作、緊急時はドライバーが操作

いよいよレベル3からが自動運転と呼ばれるレベルです。

システムが高速道路など特定の場所に限り交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。ドライバーが緊急時やシステムが作動困難になった場合は対応を行います。

ドイツで発表されたAudi A8は世界で唯一のレベル3の自動運転を搭載していますが、日本ではまだレベル3の自動運転が許可されていないために、レベル3の自動運転を搭載したA8の販売時期は未定です。

レベル4:【自動運転】特定の場所でシステムが全てを操作

システムが高速道路など特定の場所に限り交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。システムが緊急時の対応も行います。

どのメーカーも市販段階には至っておらず、コンセプトカーやテスト走行の段階にとどまります。

レベル5:【完全自動運転】場所の限定なくシステムが全てを操作

システムが場所の制限なく交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。システムが緊急時の対応も行います。

レベル5に達するとドライバーが運転を行う必要が完全になくなるため、メーカーはアクセルやハンドルを排除したクルマのデザインを行うことができるようになります。

こちらも同じくどのメーカーも市販段階にはいたっておらず、コンセプトカーの発表にとどまっています。

まとめ

自動運転が実現される、未来は必ず来るといっても過言ではないです。今世界中にある会社がこれを実現しようと切磋琢磨しており、すでにレベル3が実現さています。

今後はレベル3+、レベル4、レベル5が徐々に実現されると考えれますので時間の問題ですね。

管理人
管理人

来るべき自動運転の世界に適用できるように今現在の皆様の立場・変化を予測してできるように普段から考えてみましょう!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です